日本橋の出会いの兆候を感じ始める

2019.08.28 Wednesday 18:37
0

    日本橋の出会い、他の木に比べて早く落ちる大きな葉です。
    青切が落ちると目立つ。
    桐の葉の落下は秋の到来を感じ始め、ほんのわずかなものから物事の衰退の兆候として使われるようになりました。
    (日本橋の出会い真子)
    8月末
    (鈴木正樹)
    8月の処刑現場に降る雨
    (飯田竜太)

    日本橋 出会い


    聖書のノアの箱舟の物語にある「オリーブの枝のある鳩を必死に待っている」というフレーズ。
    読み聞かせ霧一葉コロボックル

    シーズン
    日本橋の出会い・イチハ
    そして初秋。
    子の言語は、1つの葉、1つの葉の秋、桐の葉の秋、桐の秋、1つの葉の秋、桐の秋です。

    桐の葉が落ちるのを見て、秋の到来を知る。
    物事が減少する兆候を感じています。

    category:- | by:nihonbasidcomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM